▶【おすすめテキスト】大学入試小論文の手引き

高齢化社会の影響についての大学入試小論文解答例【全学部共通】

スポンサーリンク
高齢化社会の影響サムネイル小論文

高齢化社会の影響についての大学入試小論文解答例【全学部共通】です。

スポンサーリンク

高齢化社会の影響についての大学入試小論文解答例

私は、老年人口割合が高くなることでの影響はまず年金補償制度の破綻である。現在の年金付与の財源は国民の税金で賄われている。これは65歳以上の年金受給者が増加するにつれて、税金を納めている働き手の個人の負担が重くなるということだ。個人の負担が重くなることで働き手がやる気を失い社会経済の発展が後退していく可能性がある。

次に、介護におけるお金の負担の割合が増加することを挙げる。これも前述したように、税を納める働き手に負担がかかる。さらに介護士のような医療機関に勤める人の労働的負担が増大し、将来を担うであろう人の妨げになる。

3つ目には、各地域における過疎化の進行を挙げる。現在は東京一極集中といわれるように、全国の地域から東京などの有名都市に移住をする人が増えている。その現象に加え、地域の過疎化が進んでいることは、より一層地域格差が生じ、過疎化が進行してしまう。

そして最後に日本の技術進歩の後退である。老年人口割合が高くなることで、近年進化しつつあるAIのような技術を扱う人が減り、世界の経済発展に遅れをとってしまう。

これらの4つの中から、各地域の過疎化の進行に対する対応策を考える。過疎化が進むことでの影響は前述した通りであり、深刻な問題である。そこで私は過疎化の進行を止めるのではなく、過疎化を活かした、高齢者支援の方法を提案する。例えば、高齢者に向けたインターネット利用講座や健康的な運動の方法の推進のようなことだ。このことは私が提案した他の具体例の対策にもつながると考える。

インターネット利用講座により、AIなどの技術進歩に対応し、健康的な運動の方法を推進することで、長く健康に働くことができ、働き手不足解消にも繋がる。単に老年人口割が高くなることに対して悲観するのではなく、良い面での見方をすることも大切であると考える。

【大好評】大学入試小論文講座
プロの講師が24h以内に添削返信してくれる通信(メール)完結型の大学入試小論文講座。一人ひとりの志望大学・学部に合った講座で、自分のぺースで講座を進めていけます。
小論文
スポンサーリンク
ロンメンタイ

コメント

テキストのコピーはできません。