IoTの活用した新サービスについての大学入試小論文解答例

スポンサーリンク

IoTの活用した新サービスについての大学入試小論文解答例です。

【改題】スマートフォンで家庭のエアコンやテレビなどを制御できるアプリが既に提供されている。スマートフォンとつなげると、今までに無い新サービスや新機能を提供できそうな家庭内のモノを1つ考えて、それぞれのモノに対する新サービスや新機能の(a)内容、(b)受益者、(c)恩恵を含めて、800~1000字程度で述べよ。

【ある人の解答例】IoTの活用した新サービスについて

私が考える恩恵を得られる家庭内のものは冷蔵庫である。主な受益者は家庭内で料理を行う人である。しかし、日常的に料理を行わない人も利益を感じられるだろう。冷蔵庫をIOT化することで得られる恩恵の最たるものは食料品の管理の自動化であると考える。

例えばどこに何を収納しているのか、食料品を収納してから何日が経過しているのかを伝えてくれる機能などだ。この機能によって食品ロスや家計の損失を減らすことができ、日常的に料理をする人の負担を減らすことが期待できる。また日常的に収納しておきたい品目と分量を指定し、不足が確認できるとネット購入をしてくれる機能も考えられる。買い物に時間を割くことが難しい人を助けることができる。加えて、この機能は日常的に料理をしない人物が生活に必要な食料品を買う手間を省いてくれるだろう。そして、収納された食料品ごとに利用頻度が測定できればどうだろうか。それにより冷蔵庫内の最適化が行え、作業の効率化が期待できる。

ここまでは冷蔵庫の中身を管理する人物への恩恵であるが、そうでない人物にも恩恵がある。特に子供は冷蔵庫の中に何があるのか、どこに欲しいものがあるのか探すのは困難だ。理由としては身長の関係による十分な視野を確保できないことが上げられる。そのような子供でもスマホから位置を確認すれば、容易く必要なものを手に入れることができるだろう。

以上が、私の考える冷蔵庫をIoT化することにおける恩恵である。

【講評・添削一部抜粋】IoTの活用した新サービスについて

<講評>
IoT冷蔵庫が家庭生活にどのように恩恵をもたらすかについての考察をよくまとめています。特に、食料品の管理自動化や家計の節約、料理の効率化、子供への利便性について具体的な例を挙げて説明しています。

<より高得点を目指して>
提案する機能がどのように実現されるのか、具体的な技術や既存の例を引用すると説得力が増します。
(例文)例えば、現在市場には食材のバーコードをスキャンすることで、購入履歴を記録し、自動で在庫管理を行う冷蔵庫が存在する。この技術を応用することで、さらに細かい管理が可能となる。

<具体例の示し方・構成例>
具体例が3つ以上になる場合は、列挙する方法もあります。

<例>
食料品の管理の自動化の例として3点ある。
1つ目は、通知機能だ。これは、どこに何を収納しているのか、食料品を収納してから何日が経過しているのかを伝えてくれる機能である。これにより、(略)つながる。
2つ目は、ネット購入機能だ。これは~にもつながる。これにより、
3つ目は、冷蔵庫内の最適化機能だ。これを可能にするのが、どこに収納された食料品ごとに利用頻度が測定だ。これにより、作業の効率化が期待できる。

このようにすることで、読み手は読みやすいですね。

<全体修正文>
近年、インターネット・オブ・シングス(IoT)の技術は急速に進化し、私たちの生活を大きく変えている。その中でも家庭内のIoTデバイスは、家事の効率化や生活の質向上に寄与する重要なツールとなっている。今回は、特に家庭内の冷蔵庫に焦点を当て、IoT技術をどのように活用できるかを考察する。

私が考える恩恵を得られる家庭内のものは冷蔵庫である。主な受益者は家庭内で料理を行う人である。しかし、日常的に料理を行わない人も利益を感じられるだろう。冷蔵庫をIoT化することで得られる恩恵の最たるものは食料品の管理の自動化であると考える。

例えばどこに何を収納しているのか、食料品を収納してから何日が経過しているのかを伝えてくれる機能などだ。この機能によって食品ロスや家計の損失を減らすことができ、日常的に料理をする人の負担を減らすことが期待できる。また日常的に収納しておきたい品目と分量を指定し、不足が確認できるとネット購入をしてくれる機能も考えられる。買い物に時間を割くことが難しい人を助けることができる。加えて、この機能は日常的に料理をしない人物が生活に必要な食料品を買う手間を省いてくれるだろう。そして、収納された食料品ごとに利用頻度が測定できればどうだろうか。それにより冷蔵庫内の最適化が行え、作業の効率化が期待できる。

ここまでは冷蔵庫の中身を管理する人物への恩恵であるが、そうでない人物にも恩恵がある。特に子供は冷蔵庫の中に何があるのか、どこに欲しいものがあるのか探すのは困難だ。理由としては身長の関係による十分な視野を確保できないことが上げられる。そのような子供でもスマホから位置を確認すれば、容易く必要なものを手に入れることができるだろう。

以上のように、IoT冷蔵庫は家庭内の食料品管理に革命をもたらす可能性を秘めている。食品ロスの削減、家計の節約、料理の効率化、そして子供や高齢者にも優しい機能を提供することで、すべての家庭メンバーに恩恵をもたらす。今後さらなる技術の進歩と普及が進むことで、より多くの家庭がこの便利な機能を享受できるようになるだろう。

小論文
スポンサーリンク
【大好評】大学入試小論文講座
プロの講師が24h以内に添削返信してくれる通信(メール)完結型の大学入試小論文講座。一人ひとりの志望大学・学部に合った講座で、自分のぺースで講座を進めていけます。
シェアする

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました