【2025年度大学入試】知っておきたい重要時事用語一覧

スポンサーリンク

【2025年度用】大学入試覚えておきたい学部別時事用語一覧です。

スポンサーリンク

大学入試受験生が知っておきたい時事用語

全学部共通の時事用語

  • Chat GPT…OpenAIが2022年11月に公開した人工知能チャットボット。生成可能な事前学習済み変換器と訳される。
  • 対話型AI(Conversational AI)…ChatGPTに代表される人とコンピューターとの会話を、より人間同士が会話をしているようにするための技術
  • リスキリング技術革新やビジネスモデルの変化に対応するために、時代に合わせて、人それぞれが自分に必要な新しい知識やスキルを学ぶこと
  • SDGs(エス・ディー・ジーズ)…2015年9月の国連サミットで加盟国の全会一致で採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に記載された2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標です。
  • 成年年齢…民法で定められている成年年齢が2022年4月1日から、20歳から18歳に変わりました。ちなみに、公職選挙法の選挙権年齢や憲法改正国民投票の投票権年齢を18歳になったは、平成27年6月、公職選挙法等の一部を改正する法律が成立し、公布されたときです。
  • メタバース…コンピュータやコンピュータネットワークの中に構築された、現実世界とは異なる3次元の仮想空間やそのサービス。
  • カーボンニュートラル(脱炭素)…2020年10月、政府は2050年までに温室効果ガスの排出を全体としてゼロにする、カーボンニュートラルを目指すことを宣言。排出を全体としてゼロ=二酸化炭素をはじめとする温室効果ガスの「排出量」-植林、森林管理などによる「吸収量」
  • LGBTQ…レズビアン(Lesbian)、ゲイ(Gay)、バイセクシュアル(Bisexual)、トランスジェンダー(Transgender)、クエスチョニング(Questioning)の頭文字で、性的マイノリティの象徴的用語。
  • サステナビリティ…サステナビリティは、地球環境や社会、経済の健全な発展を追求するコンセプトです。持続可能な開発目標(SDGs)が掲げるように、資源の効率的な利用や環境への負荷最小化、社会的な公正性の確保がその要素となります。企業や国際社会が環境負荷を減少させ、地球規模での課題に対処するための取り組みが重要視されています。再生可能エネルギーの利用や廃棄物のリサイクルなどがサステナビリティの実現に向けた具体的な手段となります。
  • グリーンエネルギー…グリーンエネルギーは、再生可能な資源から生産され、環境に優しいエネルギーを指します。太陽光、風力、水力、地熱などの自然エネルギーを利用し、温室効果ガスの排出を削減し、気候変動への対策を進めるための重要な手段となっています。

文学部の時事用語

  • フェミニズム…フェミニズムは男女平等を追求する思想や運動です。女性が社会や政治のあらゆる領域で男性と同様に権利を享受し、ジェンダーに基づく差別や偏見がない社会を目指します。過去の不平等や女性差別に抗議し、経済的・社会的・政治的な平等を求める活動が含まれます。女性のリーダーシップや参加促進、性的暴力の撲滅などがフェミニズムの焦点となっています。

商学部・経済学部の時事用語

  • ジョブ型雇用…雇用主が請け負ってほしい仕事をする雇用体系。労働者は、それだけの見合うだけの経験やスキルが必要。
  • サブスクリプション…本やCDといった商品にお金を支払って買うのではなく、一定期間にわたってサービスを使う権利を得る「利用料」を支払う方式
  • DX(デジタルトランスフォーメーション)…企業が、ビッグデータなどのデータとAIやIoTを始めとするデジタル技術を活用して、改善していくこと。
  • 仮想通貨…仮想通貨は、中央銀行に依存せずに取引されるデジタル通貨で、暗号技術を使用しています。代表的なものにビットコインがあり、分散型台帳技術であるブロックチェーンを基盤にしています。仮想通貨は取引の透明性やセキュリティ向上をもたらす一方で、規制や価格の不安定性にも影響される要素も含まれています。

法学部の時事用語

  • デジタルプライバシー…デジタルプライバシーは、個人がオンラインでの情報やデータに関するコントロールとセキュリティを維持する権利を指します。ウェブサイトやアプリの利用、オンライン取引などで個人情報が増加する中、個人のデータを保護し、権利を尊重することが求められています。デジタルプライバシーの確保には法的枠組みや技術的対策が含まれます。
  • 人権侵害…人権侵害は、基本的な人権が侵害される行為や状況を指します。これには表現の自由、平等、尊厳、安全などが含まれます。差別、拷問、不当な逮捕などが例として挙げられ、国内法や国際法に基づく人権保護のための取り組みが求められています。
  • クライムプリベンション…クライムプリベンションは、犯罪予防を目的とした政策や取り組みを指します。社会的・経済的要因に着目し、教育、雇用機会の提供、地域社会の強化などを通じて犯罪の発生を防ぐことを目指します。警察や司法のみならず、予防的アプローチが重要視されています。
  • 移民法…移民法は国内外の人々の出入国や滞在に関する法律や規定を指します。国の主権や安全保障を守りつつ、労働力の受け入れや難民保護など、異なる政策目的が反映されます。合法的な移動の促進や不法移民への取り締まりが、移民法の中で議論される重要なテーマとなっています。

工学部・理工学部の時事用語

  • 空飛ぶタクシー…ドローン技術などを応用して、電動で飛行する機体を使った交通サービス。渋滞の解消などにつながるとして、各国で機体の開発や制度の整備に向けた動きが活発
  • ヒューマノイド…ロボットであるが、人によく似ているロボット。
  • IoT…「モノのインターネット(インターネット・オブ・シングス)」の頭文字で、人間を介さず、機械や機器同士がインターネットでつながる仕組みのこと。
  • クラウドコンピューティング…クラウドコンピューティングは、インターネットを介してデータや処理能力を提供する技術です。サーバーやデータベースなどのリソースをオンデマンドで利用し、柔軟性や効率性を向上させます。企業や個人はクラウド上でアプリケーションを実行し、ストレージや計算などを必要なだけ利用することができます。
  • サイバーセキュリティ…サイバーセキュリティは、コンピューターシステムやネットワークをサイバー攻撃から保護するための対策や技術を指します。ウイルス、マルウェア、不正アクセスなどから情報資産を守り、機密性や可用性を確保することが主な目的です。組織や個人がデジタル環境で安全に活動するために不可欠な分野となっています。
  • 宇宙開発…宇宙開発は、宇宙探査や人類の宇宙活動を進める技術的・科学的な取り組みを指します。人工衛星の打ち上げ、有人宇宙飛行、宇宙探査機の送り込みなどが含まれ、国際協力を通じて宇宙の謎を解明し、新たな技術や知識を得ることが目的です。
  • クォンタムコンピュータ…クォンタムコンピュータは、量子力学の原理を利用して情報を処理するコンピュータです。通常のコンピュータよりも遥かに高速に問題を解決でき、特に複雑な計算や通信のセキュリティ向上に革新をもたらす可能性があります。量子ビット(qubit)と呼ばれる基本単位を用い、量子の重ね合わせや干渉の原理を活かして計算を行います。

教育学部の時事用語

  • ADHD(注意欠如・多動症)…「不注意」と「多動・衝動性」を主な特徴とする発達障害の概念のひとつ。年齢あるいは発達に不相応に、不注意、落ちつきのなさ、衝動性などの問題が、生活や学業に悪影響を及ぼす。
  • GIGAスクール構想…児童・生徒が、デジタル端末を使い、個人に最適化された学習ができるようにする構想。
  • 反転授業…従来の授業のやり方とは反対で、あらかじめ、児童・生徒は自ら学習した上で、学校の授業では、その事前学習を踏まえた課題を解いたり、サポートしたりする授業。

医学部・看護学部時事用語

  • フェムテック…Female(女性)とTechnology(テクノロジー)をかけあわせた造語。女性が抱える健康の課題をテクノロジーで解決できる商品(製品)やサービスのことを指す。
  • デザイナーベビー…あらかじめ受精卵に遺伝子操作を行い、生まれる前から病気への耐性や、親が望む外見・体力・知力などを勘案した赤ちゃん、子供。
  • テレメディシン…テレメディシンは、遠隔地で医療サービスを提供するためにテクノロジーを利用する医療の形態です。ビデオ通話やオンラインプラットフォームを通じて患者と医師がコミュニケーションし、診察や相談、診断、処方箋の発行などが行われます。特に地理的な制約や緊急事態において、アクセスの向上や医療の効率化に寄与しています。
小論文
スポンサーリンク
【大好評】大学入試小論文講座
プロの講師が24h以内に添削返信してくれる通信(メール)完結型の大学入試小論文講座。一人ひとりの志望大学・学部に合った講座で、自分のぺースで講座を進めていけます。
シェアする

コメント

テキストのコピーはできません。