【2020年度】宮城大学事業構想学群論説問題解答例「シェアリングエコノミー」

スポンサーリンク

【2020年度】宮城大学事業構想学群論説問題(小論文)解答例「シェアリングエコノミー」です。

【問3(改題)】日本のシェアリングエコノミーを発展させようとする時に課題となることを三つ挙げなさい。さらに、あなたがシェアリングエコノミーを推進する立場になったと仮定します。先に挙げた課題の中から一つを選択し、その課題解決のための具体的な方策について述べなさい。あわせて400字以内で書きなさい。

宮城大学事業構想学群(2020年度)小論文「シェアリングエコノミー」解答例

<解答例1>
日本のシェアリングエコノミーの発展にはいくつかの課題があります。1つ目は、法規制と規制環境の不透明性だ。シェアリングエコノミーは新しいビジネスモデルを提供する一方で、既存の法規制が追いついていないことがある。これにより、事業者やユーザーは法的な不確実性に直面し、参入障壁が生じている。

2つ目は、プライバシーとデータセキュリティの懸念だ。シェアリングエコノミーは個人情報や利用データを集めることが一般的だ。これによりプライバシー侵害の懸念が生じ、データセキュリティの問題が浮上する。これがユーザーの信頼を損なう原因となる。

3つ目は労働者の権利と社会的保護の不足だ、シェアリングエコノミーの労働者は従来の雇用形態とは異なり、労働権利や社会的な保護が不足している場合がある。これが不安定な雇用状態や社会的格差の拡大をもたらす可能性がある。

シェアリングエコノミーを推進する立場として、法規制と規制環境の不透明性に焦点を当てる。具体的な方策として、政府や関連団体と協力して、明確で適切な法規制フレームワークを整備する必要がある。これには、シェアリングエコノミー特有の事業モデルやリスクに対応する法的ガイドラインの策定や、迅速な法改正プロセスの確立が含まれる。透明性の向上と事業者の合法的な運営をサポートすることで、シェアリングエコノミーの成長を促進し、参入障壁を低減させることが期待できる。

<解答例2>
シェアリングエコノミーの発展にはいくつかの課題が存在する。まず、法的・規制上の問題は既存の法律や規制との矛盾が生じる可能性だ。次に、保護者の安全と信頼性の確保が重要だ。詐欺や損害を被るリスクがあるため、ユーザーの安全を守る仕組みが求められる。また、シェアリングエコノミーの社会的な受容度と認知度も課題である。広報活動や教育啓発が必要である。

私がシェアリングエコノミーを推進する立場なら、法的・規制上の問題に着目し、新たなビジネスモデルに対応する法的枠組みの整備や競争環境の公正性を確保するための取り組みを行う。さらに、政府や地方自治体との協力を図り、地域経済の活性化や公共交通機関との連携など具体的なアクションを推進する。これらの方策によって、シェアリングエコノミーの発展を促進し、社会的な利益を最大化することが可能だと考える。

【一般論】シェアリングエコノミーの課題

法規制の不透明性
現行の法規制が新たなシェアリングエコノミーのビジネスモデルに適していないことがあり、適切な法的フレームワークが不足しています。これが事業者やユーザーにとって法的な不確実性を生む要因となっています。

プライバシーとデータセキュリティの懸念
シェアリングエコノミーは利用者の個人情報やデータを頻繁に取り扱います。これによりプライバシー侵害やデータセキュリティの問題が浮上し、ユーザー信頼の低下につながる可能性があります。

地域社会との調和
シェアリングエコノミーが拡大すると、地域社会との調和が求められます。例えば、住民の反対や既存のビジネスモデルとの競合により、地域社会との対話が必要です。

労働者の権利と社会的保護の不足
シェアリングエコノミーの労働者は従来の雇用形態とは異なり、労働権利や社会的な保護が不足している場合があります。これが不安定な雇用状態や社会的格差の拡大を引き起こす可能性があります。

ユーザーの教育と普及
シェアリングエコノミーの概念や利用方法が一般のユーザーに広く理解されていないことがあります。利用者の教育と普及活動が必要です。

健全な競争環境の確保
シェアリングエコノミーに参入する事業者の数が増える一方で、適切な競争環境の確保が求められます。不当な価格競争や独占的な事業展開を防ぐため、規制やガイドラインの整備が重要です。

プラットフォームの監視と規制
シェアリングエコノミーの発展に伴い、プラットフォームによる適切な監視と規制が必要です。詐欺や商品の品質管理など、トラブルを予防するための仕組みを整備する必要があります。

小論文
スポンサーリンク
【大好評】大学入試小論文講座
プロの講師が24h以内に添削返信してくれる通信(メール)完結型の大学入試小論文講座。一人ひとりの志望大学・学部に合った講座で、自分のぺースで講座を進めていけます。
シェアする

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました