学校教育におけるボランティア活動について大学入試小論文

スポンサーリンク

学校教育におけるボランティア活動について大学入試小論文です。

【問題】次の2つの図(図1:学生のボランティア活動についての国際比較、図2:日本の学生のボランティア活動をする動機)から読み取れる日本のボランティア活動の現状を解説し、そのような現状を生み出した原因を考察したうえで、これからの日本の学校教育におけるボランティア活動はどうあるべきかを記述しなさい。

学校教育におけるボランティア活動についての解答例

図1から、日本は他国と比較して学生のボランティア活動が著しく少ないことが明らかだ。これは、国際的な視点から見ても日本の学生がボランティアに対して消極的であることを示唆している。一方で、図2からは、ボランティア活動に参加する際の動機として、「困っている人を助けたい」や「新しい人に出会いたい」といった善意に満ちた自発的な要素が浮かび上がる。

この状況の背後には複数の要因が考えられる。1つは、ボランティア機会の提供が不足している可能性がある。学生が参加しやすい形式や場が限定されている場合、自発的な参加が難しくなる。また、学校や地域社会がボランティア活動に対して適切なサポートを提供できていないことも考えられる。これが結果として、意欲があるにもかかわらず、学生がボランティア活動に積極的に参加しない要因となっている可能性が考えられる。

これからの日本の学校教育において、ボランティア活動の促進に向けては以下の3点が重要だと考える。1点目は、機会の拡充だ。学校や地域社会が学生に対して多様なボランティア機会を提供することで、学生が自ら関心を持つ分野での活動が可能となる。2点目は、サポートの強化だ。学生がボランティア活動に取り組む際のサポート体制を整備することが不可欠だ。これは学校だけでなく、地域社会や関連団体との連携が欠かせません。3点目は、意義の明確化だ。学生にとってボランティア活動の意義を明確に伝えることが重要である。社会貢献の喜びや仲間との協力の重要性などを教育することで、学生の参加意欲が高まるだろう。。

以上より、日本の学生のボランティア活動は、意欲や動機がある一方で、実際の参加がそれに遅れているという状況が見受けられる。これを改善し、将来的には学校教育を通じて社会に対する主体的な貢献者を育むためには、多様な機会提供とそれを支えるサポート体制の整備が不可欠だ。これによって、学生が自らの意欲を実際の行動につなげやすい環境が整い、社会全体にとって良い影響をもたらすことが期待される。

学校教育におけるボランティア活動についての講評(抜粋)

論文は日本の学生のボランティア活動に関する現状と問題点を的確に指摘しています。図1と図2を用いて学生の参加の少なさとその動機に焦点を当て、潜在的な原因について考察できている点は高評価です。また、将来の展望として機会提供の拡充、サポートの強化、意義の明確化の3点を提案している点も良かったです。論文は、的確な問題設定とそれに基づいた具体的な提案されたものとなっています。

【改善点】
最後の段落は繰り返しが多いです。文章全体をシンプルで明確な表現に統一し、主旨を迅速に理解できるよう工夫すると良いでしょう。(添削参照)

学校教育におけるボランティア活動についての添削(抜粋)

<最終段落修正案>
以上より、日本の学生のボランティア活動は、意欲と動機があるにも関わらず実際の参加が遅れている。これを解決し、将来的には学校教育を通じて社会に貢献できる主体的な学生を育むためには、機会提供の拡充とサポート体制の整備が必要である。これによって、学生が自らの意欲を実際の行動に結びつけやすい環境が整い、社会に良い影響をもたらすことが期待される。

小論文
スポンサーリンク
【大好評】大学入試小論文講座
プロの講師が24h以内に添削返信してくれる通信(メール)完結型の大学入試小論文講座。一人ひとりの志望大学・学部に合った講座で、自分のぺースで講座を進めていけます。
シェアする

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました