▶【おすすめテキスト】大学入試小論文の手引き

罰を与える学習効果についての大学入試小論文解答例

スポンサーリンク
罰を与える学習効果小論文

罰を与える学習効果(ペナルティの効果)についての大学入試小論文解答例です。

スポンサーリンク

罰を与える学習効果について

【問題】
ペナルティによってルールを守らせようとする限り、守らされる側は違反行為をした場合、実際にペナルティが課される可能性や深刻さを正しく見積もり、そのうえで適切な行動をすることが期待されている。これは 、一種の「ゲーム」である。しかし、ペナルティが設定されたことを深刻に受け止めるなら、守らされる側は、どうすれば注意されないのか、 叱られないのかということを判断基準として行動する、「ペナルティを避けるゲーム」となる。この状態に慣れてしまうと、ペナルティを科されないこととルールを守ることが同一であるかのように錯覚する。これらの問題に関わる中で、特に深刻でかつ頻繁に見られるのが、「バレなければ良い」という考え方である。この考え方はゲームに取り組む正しい態度とされ、このようになってしまうと、「ルールが守られていない」ことになる。 つまり、ペナルティによって ルールを守らせることができないということ。

このように述べられているが、ペナルティの効果についてどのように考えるか述べよ。

ペナルティの効果

ペナルティの効果は、特定の行為をさせないようにする、もしくはさせるようにすることは限界があるものの可能だ。また、誰かに何かをさせようとする、あるいはさせまいとするための、「ルールによる強制・禁止」とは異なっている。

私は、ペナルティは必要だと思う。 ペナルティにはルールによる「強制・禁止」にはないようなメリットがあるからだ。
「ルールによる強制・禁止」だけならば、違行為に対する制裁が明らかにされてないことがあるが、禁止事項の線引きは明確である。それに対して、ペナルティは、守らされる側にルールを破ってはいけないという認識を与えることができる。欠点として、ペナルティだけでは違反行為をしてもばれなければ良いという考え方が横行する。これではルールは守られない。

そのためには、「ルールによる強制・禁止」と「ペナルティ」の両立が必要である。前者は違反行為に対する線引きが明確であり、後者は違反行為に対する制裁が明確であるため、 守らされる側もルールの導守ができる。

ペナルティは違反行為に対する線引きが明確である「ルールによる強制・禁止」の欠点を補うものとして必要であると私は思う。

【大好評】大学入試小論文講座
プロの講師が24h以内に添削返信してくれる通信(メール)完結型の大学入試小論文講座。一人ひとりの志望大学・学部に合った講座で、自分のぺースで講座を進めていけます。
小論文
スポンサーリンク
ロンメンタイ

コメント

テキストのコピーはできません。