24時間営業・体制の現代社会の是非についての大学入試小論文解答例

スポンサーリンク

24時間営業・体制の現代社会の是非についての大学入試小論文解答例です。

【問題】24時間営業を行っているコンビニエンスストアや,いつでも交信できるインターネットなど,現代社会は24時間体制で動いている。このことは人々の生活や心にどのような悪影響を及ぼすのか、具体的解決策ともにあなたの考えを850字以内で述べなさい。

スポンサーリンク

【ある人の解答】24時間営業・体制の現代社会の是非について

24時間体制での労働は人々の生活や心に対して影響を及ぼす。良い影響としては、いつでもどこでも物欲を満たせることが挙げられる。一方で悪影響として、深夜に働き手がいない人手不足となり、オーナーの私生活がなくなるといった問題点が挙げられる。この解決策として、無人店舗を導入すればよいと考える。なぜなら、無人化することで深夜帯の働き手が不要になるからである。

消費者にとって24時間体制であるコンビニエンスストアやインターネットショッピングは非常に便利なものだ。しかし、店舗側はその分人手を要するため、オーナー自らが深夜もレジに立ち、私生活がなくなってしまうのだ。デジタル技術やテクノロジーを利用した無人店舗化することにより、オーナーの私生活守られ、人手不足を解消することが可能となる。さらに、デジタル技術を利用することで業務のミスを削減することも可能となる。実際、ローソンでは、無人決済店舗であるローソンゴーをオープンした。顧客は専用アプリのQRコードをかざして入店し、登録したクレジットカードで支払いが完了する。これにより、少人数でも店舗の運営ができるのだ。

たしかに、無人店舗化することで機械の不具合等が発生した場合は、結局人手が必要になるのかもしれない。しかし、毎晩不具合が発生するわけではないため、オーナーの私生活が守られるのではないだろうか。不具合の発生を削減するために、店舗の従業員が日中の間に機械の点検を行う。日中に検査することで不具合の発生を減らすことができ、深夜帯にデジタル技術を見守る人手が不要になるのだ。

以上のように、現代社会において24時間体制で働いている店舗は、消費者が好きなときに商品を購入できるといった良い影響がある一方で、店舗側は深刻な人手不足といった悪い影響を及ぼすのだ。無人店舗を導入し、日中にデジタル技術の点検を行うことによって深夜帯の働き手が不要となり、深夜帯の業務におけるミスも削減することができると主張する。

【講評抜粋】24時間営業・体制の現代社会の是非について

<より高得点を目指して>
無人店舗の効果や導入の成功例について具体的なデータや統計を引用することで、主張の説得力を高めることができます。

<例文>
無人店舗の導入に成功した例として、アマゾンの「Amazon Go」が挙げられる。この無人店舗は、AIとセンサー技術を駆使して、消費者が商品を手に取り、そのまま店舗を出るだけで自動的に支払いが完了する仕組みを提供している。2018年にシアトルで初めて開店した「Amazon Go」は、2021年までに全米で20店舗以上に拡大した。この成功例は、無人店舗の利便性と効率性を示すものであり、消費者の支持を受けていることを証明している。また、アマゾンの調査によれば、無人店舗の導入により、人件費を約30%削減し、売上を20%増加させることができた。

小論文
スポンサーリンク
【大好評】大学入試小論文講座
プロの講師が24h以内に添削返信してくれる通信(メール)完結型の大学入試小論文講座。一人ひとりの志望大学・学部に合った講座で、自分のぺースで講座を進めていけます。
シェアする

コメント

テキストのコピーはできません。