LGBT教育に求められる取り組みについての大学入試小論文

スポンサーリンク

LGBT教育に求められる取り組みについての大学入試小論文です。

【問題】図1からわかる性的少数者に対する人々の意識の特徴、表2からわかる性的少数者が社会の中でおかれる状況やその社会的背景について触れながら、これからの日本の教育現場においてどのように対応していけばよいと考えるかを具体的に述べなさい。

LGBT教育に求められる取り組みについての解答例

資料1から「きょうだい」や「自分の子ども」など身近な人に LGBT が当てはまる人がいると嫌だと答える人が多いことが 読み取れる。資料2では、「子どもの教育」・「就労」の分野では、「笑いの対象にされる」や「カミングアウトできる環境ではない」など、周囲の認知の低さにより困難を抱えていることが読み取れる。さらに、「里親の認知が厳しい」や「パートナーの財産が相続できない」など法律の制約による問題も浮き彫りになっている。

このような LGBT の人が抱えている困難は、社会の認知の低さが要因していると考える。そのため、学校教育では子どもたちに、LGBTの認知度を上げるような活動が必要になる 。

例えば、 授業においてLGBTと課題を課し、子ども自身で 「LGBT って何だろう?」という自動的ではなく 、能動的に知識を蓄えてもらうことが1つの対策だと考える。 そこで知ったことをクラスで発表したり、そこで出た問題を話し合ったりする。このように、アクティブ・ラーニングを通じて子どもたちは、LGBTの理解を深めていくことができる。

また、学校にLGBTの方を招いて実際の体験を通じて理解を促進することも重要だ。これにより、将来的にLGBTの人々との対話において偏見や嫌悪感ではなく理解と受け入れの態度を持つことが期待される。

このような取り組みを行うことで、LGBTに理解ある子どもたちが、選挙権を獲得したとき、投票活動も変わってくるだろう。結果として、LGBTに関する政策目標を掲げている政治家が誕生し、LGBT関連法案も整備されLGBT の人やその身近な人が苦しまないで済むだろう。

したがって 学校教育で LGBT の理解を深める活動をして 、LGBT の認知の低さを解消していくべきだ。

LGBT教育に求められる取り組みについての講評(抜粋)

論文は具体的な提案を通じて説得力を持っており、LGBTに対する社会的な認識改善に向けた教育の役割を記述できています。

【改善点】
図1と表2を具体的に引用し、それらが示す認識の低さと困難の関係をより具体的に説明することが望まれます。また、LGBT教育の必要性を論じる際、国内外の既存の成功例や具体的な教育プログラムに触れることが有益です。

【新たな視点】
教育のみならず、社会全体の意識改革が必要であることを強調することができます。例えば、メディアや政府の役割にも触れ、全体的な変革を促進するための手段を提案すると、論文がより包括的かつ実現可能なものになるでしょう。

LGBT教育に求められる取り組みについての添削(抜粋)

論文において「資料1」と「資料2」を引用し、それらが示す認識の低さと困難の関係を具体的に説明するための例文です。

「資料1によれば、「きょうだい」や「自分の子ども」など身近な人にLGBTが当てはまる人がいると嫌だと答える人が多いことが明らかだ。この傾向は、LGBTに対する社会的な認識の低さを示している。この低い認識が、資料2で示されているように、『子どもの教育』や『就労』の分野でさまざまな困難を引き起こしてる。例えば、「笑いの対象にされる」や「カミングアウトできる環境ではない」など、周囲の理解の不足が、LGBT個人が直面する問題に影響を与えていることが分かる。」

このように、具体的な資料からの引用とそれに基づく論理的な関連付けを行うことで、論文の説得力が向上します。

【一般論】LGBT教育に求められる取り組みの一例

■アクティブ・ラーニングの導入
授業においてLGBTに関するテーマや課題を組み込み、生徒たちが自発的に学び、知識を深める機会を提供する。

■多様性を反映した教材の使用
教科書や学習教材において、多様な性的指向や性自認に関する事例や情報を取り入れ、学生たちに多様性を理解させる。

■ゲストスピーカーの招聘
LGBTの方や専門家を学校に招き、実際の経験や知識を共有することで、生徒たちに直接的な理解を促進する。

■対話とディスカッションの促進
クラスや学校全体でLGBTに関する対話やディスカッションを行い、生徒たちが自由に意見を交換し合える環境を構築する。

■カウンセリングとサポート体制の充実
学校内にはLGBTに関する相談ができるサポート体制を整備し、生徒たちが安心して質問や悩みを共有できるようにする。

■プライド・イベントの推進
プライド月間(LGBTQ+について改めて正しい認識を促すとともに、多様な誰もが公平に生きられる世の中の実現を目指す活動など)のイベントやキャンペーンを通じて、LGBTの認知度向上や学校全体での理解を促進する。

■差別撤廃の取り組み
学校内での差別やいじめに対する厳格な対応策を策定し、LGBT生徒たちが安心して学べる環境を整える。

■教職員のトレーニング
教員やスタッフに対してLGBTに関するトレーニングを提供し、適切なサポートや理解を深めるスキルを向上させる。

小論文
スポンサーリンク
【大好評】大学入試小論文講座
プロの講師が24h以内に添削返信してくれる通信(メール)完結型の大学入試小論文講座。一人ひとりの志望大学・学部に合った講座で、自分のぺースで講座を進めていけます。
シェアする

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました