【2019年度】久留米大学医学部看護学科小論文解答例「環境問題」

スポンサーリンク

【2019年度】久留米大学医学部看護学科小論文解答例「環境問題」です。

【問題】環境問題を1つ挙げ、「私たちにできること」について、あなたの考えを述べなさい。字数は、600字以内とする。

久留米大学看護学科小論文(2019)解答例「環境問題」

環境問題の一つとして、気候変動が深刻な課題だ。地球温暖化による気温上昇や異常気象が影響を与え、生態系や人間の生活に多大なリスクをもたらしている。これに対処するためには、個人や社会全体が協力して持続可能な行動を取る必要がある。

まず、エネルギーの使用を見直すことが重要だ。再生可能エネルギーへの移行やエネルギーの効率的な使用は、二酸化炭素の排出を削減し、気候変動に対抗する手段の一環だ。個人としては、省エネルギー機器の利用や不要な電力の浪費を避けることが求められる。また、低炭素な移動手段の利用や、電気自動車の普及にも貢献できるだろう。

次に、廃棄物の管理を改善することが重要だ。リサイクルの促進や使い捨て製品の削減は、資源の有効利用を促進し、環境への負荷を軽減する。自分たちの生活スタイルを見直し、環境に優しい商品を選ぶことも大切である。消費者の選択が企業の取り組みに影響を与えるため、環境への配慮を重視した商品を選択することで、サプライチェーン全体にポジティブな影響を与えることができる。

さらに、森林保護や植樹活動も環境保全の重要な要素である。森林は二酸化炭素の吸収源であり、生態系の多様性を維持する役割も果たしている。個人としては、環境保護団体への支援や、地元の植樹活動への参加など、森林保護に資する活動に参加することができる。

以上のように、環境問題への対応は個人や社会全体の協力が不可欠だ。持続可能な行動を積極的に取り入れ、自らの生活を見つめ直すことで、私たち一人一人が環境への貢献を実現できると考える。

【一般論】環境問題と個人ができること

気候変動(温暖化)
個人の対応策: 再生可能エネルギーの利用促進、省エネルギー機器の導入、節電行動、低炭素な交通手段の選択(自転車、電気自動車など)。

プラスチック汚染
個人の対応策: プラスチックごみの削減(使い捨て製品の減少、リフィル容器の利用)、リサイクルの積極的な参加、ビーチクリーン活動への参加。

森林破壊
個人の対応策: 持続可能な木材の使用、不法伐採を防ぐための支援、植樹活動への参加、森林保全団体への寄付。

水資源の枯渇
個人の対応策: 節水意識の向上(水漏れの修理、使い水の再利用)、持続可能な農業と食事の選択、地元の水質保護プロジェクトへの参加。

生態系の破壊
個人の対応策: 野生生物の保護を支援する団体への寄付、持続可能な開発への賛同、生態系に配慮した観光活動の選択。

大気汚染
個人の対応策: 交通手段の改善(歩行、自転車、公共交通機関の利用)、エコカーの普及促進、エアコンや暖房の効率的な使用。

過剰な資源利用
個人の対応策: リサイクルの活用、不要な消費の抑制、中古製品の利用、環境に配慮した商品の選択。

環境教育の不足
個人の対応策: 環境問題について学び、理解を深める努力、環境保護団体への参加、地域での啓発活動のサポート。

環境問題は、個人ができることは幅広く、日常生活から小さな行動の積み重ねが大きな変化を生むことがあります。環境への配慮を意識し、行動に移すことが大切です。

小論文
スポンサーリンク
【大好評】大学入試小論文講座
プロの講師が24h以内に添削返信してくれる通信(メール)完結型の大学入試小論文講座。一人ひとりの志望大学・学部に合った講座で、自分のぺースで講座を進めていけます。
シェアする

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました