子どもの貧困をめぐる現状と今後の課題について大学入試小論文解答例

スポンサーリンク

子どもの貧困をめぐる現状と今後の課題について大学入試小論文です。

【問題】図1(子どもの貧困率の推移)および図2(食料の困窮経験のある世帯の割合)から、子どもの貧困や食料の困窮経験との関係について読み取れることを記述した上で子どもの貧困をめぐる現状と今後の課題について、あなたはどのように考えるか、述べなさい。

子どもの貧困をめぐる現状と今後の課題について解答例

図1から、ひとり親世帯の貧困率が相対的貧困率よりも高いことが明らかだ。同様に、図2からは、二世代のひとり親世代の食料の困窮経験が他の世帯に比べて高いことが読み取れる。

これにより、1人で子どもを育てなければならない世帯が、貧困に陥りやすいという現状が浮かび上がる。この問題に対処するためには、ひとり親の家庭に対する援助が必要であり、その具体的な方針を考える必要がある。

ひとり親の家庭に対する援助策として、金銭的な支援が有効であると考える。例えば、食費や子どもの学習資材の購入など、具体的な用途に対する資金援助が必要だ。このような用途を指定することで、援助を受ける家庭がより効果的に支援を受けられると考える。

この問題解決に向けて、金銭的な援助が必要であるという認識が重要だ。特に、援助が子どもの生活や学習に直結する形になることで、子どもの貧困を軽減することが期待できる。このようなアプローチが、将来的な子どもの貧困削減に寄与する可能性があると考える。

子どもの貧困をめぐる現状と今後の課題について講評(抜粋)

論文は明確で論理的な構造を持っており、図1および図2から得られるデータに基づいて主張が展開されています。特に、ひとり親世帯の貧困率と食料困窮経験の関係を指摘する点は鮮明です。

【改善点】改善策は、添削を参照
<提案の具体性>金銭的援助を提案していますが、どのように実現するか、具体的な施策や政策の提案が欠如しています。これらを追加することで提案が現実的で実行可能なものとなります。

<反対意見の考慮>論文は一方向の視点に焦点を当てています。反対の意見や課題への対処も考慮することで、よりバランスの取れた論文となります。

子どもの貧困をめぐる現状と今後の課題について添削(抜粋)

<提案の具体性>金銭的援助を提案について
(原文△)ひとり親の家庭に対する援助策として、金銭的な支援が有効であると考える。(略)
(修正案)政府によるひとり親世帯に対する子ども支援給付制度を導入するといった対策が考えられる。導入することで、定期的な経済的支援を提供できる。この給付は食費や学用品の購入など、具体的な用途に充てることができ、子どもの生活環境向上に寄与する。

<反対意見の考慮>反対の意見や課題への対処について
(1)財政的持続性の懸念
一部の反対意見では、ひとり親世帯への金銭的援助が財政的に持続可能であるのか疑問視されるでしょう。経済的に厳しい状況にある国や地域では、新たな支出を行うことが難しく、財政的なバランスを維持する必要があるという立場があります。

(2)依存の促進への懸念
一部の議論では、金銭的援助が一時的な支援にとどまらず、家庭がこれに依存する可能性があるとの懸念が挙げられるでしょう。持続的な自立を促進するためには、他の支援手段や教育プログラムも同時に検討する必要があるという意見が存在します。

(3)均等性の問題への指摘
金銭的援助が特定の家庭に焦点を当てることで、他の困難な状況にある家庭が見過ごされる可能性が指摘されます。より均等かつ包括的な支援策を検討する必要があるという立場が存在します。

これらの反対意見を踏まえつつ、提案された金銭的援助策を検討し、より包括的かつ持続可能なアプローチを模索することが重要です。

小論文
スポンサーリンク
【大好評】大学入試小論文講座
プロの講師が24h以内に添削返信してくれる通信(メール)完結型の大学入試小論文講座。一人ひとりの志望大学・学部に合った講座で、自分のぺースで講座を進めていけます。
シェアする

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました