▶【おすすめテキスト】大学入試小論文の手引き

経営学部の大学入試志望理由書の例

スポンサーリンク
経営学部志望理由アイキャッチ小論文

経営学部の大学入試志望理由書の例です。

スポンサーリンク

大学入試志望理由書の例(経営学部)

決意表明

私には、言語力だけでなく国際力を身につけ、あらゆる世界の問題の本質を理解し伝えることで、社会に貢献していきたいという志がある。そのために、ビジネスプランを実現できる、世界で活躍するビジネスリーダーになりたい。

経営学部への興味のきっかけ

その思いを強くした出来事が 2 つある。1つは、高校2年時に参加したビジネスコンテスト「キャリア甲子園」である。約200チームが応募した内閣人事局部門 1位となり、決勝大会に進出した。決勝大会では約2万人が見守る中、ビジネスプランのプレゼンを行った。私たちのビジネスプランは定年退職後も働きたい方がチームを組み教育動画を作成する。

そして、海外の職業教育が受けられない子に電子機器を使って教育を行い日本で就職をしてもらう人材雇用も行う会社である。そうすることで、高齢者の方々は生きがいを見つけ働くことができ、日本企業らもグローバル化に対応できるのではないかと考えた。決勝後、私たちのビジネスに多くの意見をいただいた。プレゼンに関しては高く評価された。一方で、たくさんの批判も頂いた。例えば、市場の拡大方法や実現可能性などである。自分の視野が狭いことを痛感し、よりビジネスを学び社会に貢献したいと考えるようになった。

グローバルへの興味のきっかけ

もう1つは、11カ月間のドイツ留学だ。世界各国の留学生との交流会で政治や歴史について議論した際に、皆がドイツと自国の状況を比較しながら意見する中、私は日本が抱える問題の本質を説明することができなかった。そして、日本について尋ねられてもしっかりと答えられない自分の知識の浅はかさを後悔した。

また同時に、世界を知るために留学を決心したが、私は日本のことさえもまともに知らないという現実を突きつけられたのだ。その時感じた危機意識は、今の私の原動力となっている。このドイツ留学の11ヶ月間は私を大きく成長させた。自分をあえてマイノリティの立場に置くことによって、客観的に自分を捉える力が身につけることができた。また、全く異なる文化を持つ人々と接する中で、意見を一致させることの難しさを痛感し、認め合うことの重要性を再認識した。

この2つの出来事が、グローバルの視点に立ったビジネスリーダーについて深く学びたいと思うきっかけになった。

経営学部で学ぶ理由

これを実現できるのが、貴学部だ。理由は、大きく分けて2つある。

第1に貴学部ならではのビジネスリーダープログラムで、グループワークを通じリーダーシップを磨きたい。答えのない問いを追求し、時代が変化する中でも発揮できる力を身につけられると確信している。高校在学中ボランティア団体の代表を務めた際、私は、相手の得意なことを見つけ役割を与え、チーム全体の動きを把握し誰かが困っていたら一緒に問題を解決した。チーム全体を冷静に見渡し問題を見つけ出した点や自分の熱意を伝えてメンバーの目標達成意識を高めた点から、私には指導者に必要な全体を俯瞰する力と周囲を統率する力が備わっていると感じた。この力をさらに貴学部で磨き上げ、世界で通用するリーダーシップを築きたい。

具体的な学びの計画

第2にバイリンガルビジネスリーダープログラムや徹底した外国語学習プログラムで英語や他の外国語の能力向上にも努めたい。また、言語力はもちろん、諸外国の文化や特色などの知識も豊かなものにし、国際力も身につけることだ。留学中の経験で、私は政治や社会に関する教養を持って意見できて、初めて言語を道具として活用できると感じた。貴学部のプログラムを通じ、世界に通用する武器に成長させたい。

加えて、私は人とのコミュニケーションについて関心を抱いている。物事の本質をとらえた情報発信について研究し、教授の下でコミュニケーションについて研究していきたいと考えている。教授の下でコミュニケーションを学ぶことは今後ビジネスをする上で必ず役立つものであると確信している。これは貴大学でしか学べないことである。

高校在学中の課外活動で、自分が行っている活動や魅力を伝えるプレゼンの機会を多くいただいた。そこで、どのように伝えれば、人々の心に響くのかを実践し、自分なりの伝え方のスキルを作り上げた。ドイツ留学中も物事を説明する際このスキルは生かすことができ、さらに鍛えることができた。今後は、多種多様な人々が集まる立教大学で、教授の下、伝えるスキルをより上達させたい。

まとめと展望

挑戦できることは周囲を巻き込みベストを尽くす。このことを胸に、貴大学という場で志の高い仲間と共に切磋琢磨し、発信力を身につけたい。貴大学で思考の根幹となる学びを得、ビジネスリーダープログラムを通じ、世界に向けて明確に意思表示していけるだけの説得力を持つ人格を形成し、自分の可能性をさらに高めたい。以上が、私の目標を実現することのできる最高の環境であると確信し、熱い学びの意欲と高い志を持って、貴大学貴学部へ進学することを心から志望する。

【大好評】大学入試小論文講座
プロの講師が24h以内に添削返信してくれる通信(メール)完結型の大学入試小論文講座。一人ひとりの志望大学・学部に合った講座で、自分のぺースで講座を進めていけます。
小論文
スポンサーリンク
ロンメンタイ

コメント

テキストのコピーはできません。