▶【おすすめテキスト】大学入試小論文の手引き

障害者差別についての大学入試小論文解答例

スポンサーリンク
障害者差別についてサムネイル小論文

障害者差別についての大学入試小論文解答例【全学部共通】です。

スポンサーリンク

障害者差別についての大学入試小論文解答例

<構成>
第1段落:障害者差別についての意見
第2段落:障害者差別の現状
第3段落:障害者差別解消への取り組み

障害者差別についての意見

この参考文献から、主に、身体障害者への差別的な文章が、長野パラリンピックの同組織委員会によるポスターに書かれていることにより、批判的な意見があるという問題点がある。だから、この問題点を解決へと導く提案の内から、精神障害者も含めた身体障害者を差別から守るための改善策として、日常面からの差別を防ぐために、家族や友人に相談するという角度からと、さらに、障害者差別解消法という角度から述べたい。

障害者差別の現状

なぜなら、障がい者総合研究所の「障害者に対する差別や偏見に関する調査」によると「日常生活において、差別や偏見を受けた」と回答した者は、約60%で、「差別や偏見を受けたと感じる場所において、日常的に利用する公共交通機関」と回答した者は、約30%いるという結果だったからである。しかし、「差別や偏見を受けたと感じた場合において、家族や友達に相談をしている」と回答した者は約30%で、「専門機関に相談をしている」と回答した者は約20%いるということが分かった。

このように、努力している身体障害者や精神障害者がいる一方で、家族や友人、または専門機関にも相談していないという身体障害者や精神障害者への対策も考えなければいけないという問題が生じる。

障害者差別解消への取り組み

しかし、それは、平成28年に施行された障害者差別解消法が、さらに、社会に浸透すれば、その問題への有効性は増すはずである。実際に、平成28年度の内閣府における障害者に関する世論調査によると「障害者差別解消法を知っている」と回答した者は、約20%であった。だから、さらに、障害者差別解消法の認知度を上げるには、県がハンドブックを配付することが効果的であると思われる。実際に、佐賀県の障害福祉課は「ハンドブックを約8500部作成し、県内の事業所や学校に配る」と述べている。そうすることで、さらに、障害者差別解消法を知っている者が増加すれば、さらに、身体障害者や精神障害者は、日常生活を快適に送れるはずであろう。

スポンサーリンク

障害者差別についての大学入試小論文解説一部公開

×だから、この問題点を解決へと導く提案の内から、精神障害者も含めた身体障害者を差別から守るための改善策として、日常面からの差別を防ぐために、家族や友人に相談するという角度からと、さらに、障害者差別解消法という角度から述べたい。

〇だから、この問題点を解決へと導く提案の内から、精神障害者も含めた身体障害者を差別から守るための改善策を述べたい。中でも、日常面からの差別を防ぐために、家族や友人に相談するという角度からと、さらに、障害者差別解消法という角度から述べる。
→一文が長いです。

【大好評】大学入試小論文講座
プロの講師が24h以内に添削返信してくれる通信(メール)完結型の大学入試小論文講座。一人ひとりの志望大学・学部に合った講座で、自分のぺースで講座を進めていけます。
小論文
スポンサーリンク
ロンメンタイ

コメント

テキストのコピーはできません。