▶【おすすめテキスト】大学入試小論文の手引き

予測される未来(大学入試小論文解答例)

スポンサーリンク
予測される未来サムネイル小論文

予測される未来についての大学入試小論文解答例【全学部共通】です。

スポンサーリンク

予測される未来についての大学入試小論文解答例

第1段落:予測される未来についての主張
第2段落:予測される未来についての根拠
第3段落:バイオマス燃料の普及
第4段落:予測される未来についてのまとめ

予測される未来についての主張

地球温暖化が進み続ける事により、水不足による農作物生産の減少と食料不足や、気候変動による生物多様性の変化や健康障害など様々な悪影響が予測される。このような地球温暖化に対処する方法は、化石燃料から再生可能エネルギーへの完全乗り換えであると私は考える。

予測される未来についての根拠

現在、図から読み取れるように、既に再生可能エネルギーへの転換など各国で地球温暖化対策が行われているが、依然として火力発電など、化石燃料を主資源としている国も少なくない。再生可能エネルギーの課題である、高コストで天候に左右されやすいことなどが大きな足かせとなっているからである。

バイオマス燃料の普及

私は特に、バイオマス燃料の普及が、地球温暖化の抑制だけでなく、再生可能エネルギーの課題解決につながると思う。バイオマス燃料は、廃棄物や木材によって得られるため、さらに、加工過程を少なくすることが可能な材料の発見や材料として使用する食料などの範囲拡大をめざす事により、低コスト、安定した資源確保の実現が可能になるだろう。

予測される未来についてのまとめ

バイオマス燃料に限らず、再生可能エネルギー全てにおいて開発研究が進めば、化石燃料に頼っている現状を変え、地球温暖化の抑制につながると考える。

【大好評】大学入試小論文講座
プロの講師が24h以内に添削返信してくれる通信(メール)完結型の大学入試小論文講座。一人ひとりの志望大学・学部に合った講座で、自分のぺースで講座を進めていけます。
小論文
スポンサーリンク
ロンメンタイ

コメント

テキストのコピーはできません。