▶【おすすめテキスト】大学入試小論文の手引き

日本人のおもてなしの大学入試小論文解答例

スポンサーリンク
日本人のおもてなし小論文サムネイル小論文

日本人のおもてなしの大学入試小論文解答例【文学部・国際】人文科学系です。

【問題】筆者の主張を実現するためには具体的にどのような方法があるかを考えよ。その際、筆者が指摘する日本人に足りない親切さを参考にして、自身の考えを600字程度で論述しなさい 。

スポンサーリンク

日本人のおもてなしの小論文解答例

日本人は、無意識のうちに身に着いた習慣によって困っている人に対して、さり気なく速やかに親切にするのが苦手である。それは自分の家族や知人を内、それ以外の人を外と区別し、そして外とした人とは、積極的に関りを持たない。そのことが、自分の知らない人に親切にするという行為を阻害するのである。また同様に、自分を外と判断したであろう人からの親切を素直に受け取ることも苦手である。どうしたらごく自然に親切ができるようになるのだろうか。

⇒自分で問題を変えてはいけません。ストレートに問題に答えましょう。「具体的な方法」を記述しましょう。

困っている人を見かけたら、見過ごさず、親切を実践する。高齢者や妊婦の顔色が、安堵の色に変わる光景をイメージすることができてその上、親切を実践することは自分をもほっとさせるのである。加えて、親切を素直に感謝して受けることも大切だ。以前、部活動の帰りなのか男子学生が、優先席で寝ていた。目を覚まし、前に立つ私に気づき席を譲ろうとした。私は彼を制して「大丈夫。」と断った。後日、友人にこの話をしたところ、「その生徒は勇気を奮い起し親切を実践したのだから、あなたがありがとうと感謝して席に座ることが彼の親切心を育てる。」と教えられた。

オリンピック誘致の際に世界に発信された「おもてなし」と日常の中にある「親切」は思いやりと感謝の気持ちが飛び交う心地良い社会になるのである。

日本人のおもてなしの小論文の採点と解説

<採点>
30/100点

<講評のハイライト>
(略)最後の段落は少し唐突的にまとめてしまった印象です。なので、エピソードの部分を、最後にまとめる漢字であれば最高でした。最後に、【修正案】と【構成案】を示していますので、参考に。(略)

日本人のおもてなしのあり方の小論文の添削一部公開

<確認>
この課題文で「同時に」は、「日本人にも一般的な親切という態度」が大事なんですよってことを強調するための「同時に」ですね。いわゆる、「一緒に」ということではないのです。なので、「日本人にも一般的な親切という態度を身につける」にはどうすればよいかということを記述するのです。

【大好評】大学入試小論文講座
プロの講師が24h以内に添削返信してくれる通信(メール)完結型の大学入試小論文講座。一人ひとりの志望大学・学部に合った講座で、自分のぺースで講座を進めていけます。
小論文
スポンサーリンク
ロンメンタイ

コメント

テキストのコピーはできません。