▶【おすすめテキスト】大学入試小論文の手引き

幼少時代の体験についての大学入試小論文解答例

スポンサーリンク
子供時代の経験サムネイル小論文

幼少時代の体験についての大学入試小論文解答例【教育学部】です。

スポンサーリンク

幼少時代の体験についてのの大学入試小論文解答例

<構成>
第一段落:幼少時代の体験についての意見
第二段落:幼少時代の好奇心
第三段落:幼少時代の好奇心の具体例
第四段落:幼少時代の好奇心の大切さ

幼少時代の体験についての意見

青少年の頃の体験や遊びは、好奇心が付き物だと考えた。未知の世界を体験することは、とても胸が高鳴るからだ。それを経験することで、大人になった時に好奇心が主体性へと変化するのではないだろうか。

幼少時代の好奇心

子どもたちの遊びは、様々だ。「○○ごっこ」と呼ばれるおままごとは、実際の生活や行動を真似して遊ぶ。子どもたちは、大人の姿やドラマ、そしてアニメなどをよく見ている。

幼少時代の好奇心の具体例

例えば、正義のヒーローごっこをしたとすると、弱者を助け、悪者を倒すという正義感を持つことになる。まさにそれは、お年寄りなどに席を譲る規範意識に繋がるのではないだろうか。

幼少時代の好奇心の大切さ

しかし、現在の子どもたちは学習塾や習い事を多々している。よって、彼らの放課後などの自由時間は奪われてしまう。また、建物や施設開発により自然が身の回りにあると言える子どもは少なくなっているはずだ。では、彼らのような子どもたちが大人になった時、規範意識や職業意識が低くなるのだろうか。そんなはずはない。

このような調査結果がわかっているのならば、より子どもたちの義務教育に「自然体験」や友だちとの交流を深める場を与えるべきだ。これから好奇心と規範意識を持つ青少年が増えることによって、さらに将来が明るくなるに違いない。

スポンサーリンク

子供時代の経験の大切さについての大学入試小論文解説一部公開

(原文)では、彼らのような子どもたちが大人になった時、規範意識や職業意識が低くなるのだろうか。そんなはずはない。
⇒この文は、そもそも、「なぜ規範意識や職業意識が低くならないと言えるか」の理由がほしいです。
(修正案)このような環境下でも、【         】なので、規範意識や職業意識が低くならないと考える。

【大好評】大学入試小論文講座
プロの講師が24h以内に添削返信してくれる通信(メール)完結型の大学入試小論文講座。一人ひとりの志望大学・学部に合った講座で、自分のぺースで講座を進めていけます。
小論文
スポンサーリンク
ロンメンタイ

コメント

テキストのコピーはできません。