▶【おすすめテキスト】大学入試小論文の手引き

言語の変化についての大学入試小論文解答例

スポンサーリンク
言語の変化サムネイル小論文

言語の変化についての大学入試小論文解答例【文学部】です。

スポンサーリンク

言語の変化についての大学入試小論文解答例

<構成>
第一段落:言葉の二面性
第二段落:言葉は存在証明のツール
第三段落:言葉の生活活動下での変化
第四段落:言葉の変化まとめ

言葉の二面性

言葉は先人が、生物や自然現象などを捉え観察、感受し、人と人の共有することで発達、継承されてきた。言葉は普遍的な面と変化し続ける二面性を持ち合わせる。

言葉は存在証明のツール

人は生まれた地の言葉を習得する。言葉は社会生活の中において互いの感情、意思の伝達方法としてのみならず、その地の先人の営みを文化、習慣をも受け取ることになる。これにより言葉が普遍的であるといえる。昨今ではグローバル化が進み、出身国ではない国で生活、活動する人が増えた。世界各国の言葉は、人それぞれが一人の人間としての認識を持ち、他者からも認められる存在証明となることを担うのだ。

言葉の生活活動下での変化

一方で、言葉は人の生活活動の中で変化し続けるのだ。例えば、通商などの目的で異なる言語を持つ人同士に言語接触が起き、互いの言葉の要素を取り入れた補助言語「ピジンを作った。ピジンが次の世代に「クレオールとして受け継がれた歴史がある。昨今、日本語にも言語変種は見られる。尊敬語と加能形との区別するための「ラ抜き言葉」や使役動詞にサを入れる「サ入れ言葉」もその表れである。

言葉の変化まとめ

言葉は、コミュニケーションやアイデンティティの確立の道具としての役割を果たしなす。使われるその地の先人たちの思いや歴史をとどめながら、利便性を追求しながら変化していくのである。

【大好評】大学入試小論文講座
プロの講師が24h以内に添削返信してくれる通信(メール)完結型の大学入試小論文講座。一人ひとりの志望大学・学部に合った講座で、自分のぺースで講座を進めていけます。
小論文
スポンサーリンク
ロンメンタイ

コメント

テキストのコピーはできません。