▶【おすすめテキスト】大学入試小論文の手引き

日本語の乱れについての大学入試小論文解答例【文学部】

スポンサーリンク
日本語の乱れ小論文サムネイル小論文

日本語の乱れについての大学入試小論文解答例【文学部】人文科学系です。

スポンサーリンク

日本語の乱れについての大学入試小論文解答例

【問題】日本語の乱れの象徴とされる「ら抜き」が着実に浸透していることをはじめ,「すごっ」「早っ」など何でも語幹で感嘆を示したり,メタボ,就活などの略語が定着したりしている。この日本語の変化の現実について,あなた自身はどのように考えるか。あなたの考えを600字以内で書きなさい。

日本語の乱れについての主張と理由

 昨今、日本語が乱れているという指摘がある。確かに一度聞いただけでは分からない言葉があるが、それらの全てが使用語句として不適切で日本語を乱しているとは言えない。それらは話し言葉であり、流行り言葉であり短命なのであるからだ。

日本語の乱れについての根拠

 平成27年の文化庁の「国語に関する世論調査」によるとら抜き言葉を60%以上の男女が使うとある。これは、ら抜き言葉の使用が認められたかのような印象を人々に与えた。ら抜き言葉は尊敬語と可能形を区分する機能があるが、さ入れ言葉の「さ」は単に余分である。また、形容詞を一層、際立たせようと語尾の「い」を取り小さな「っ」を付ける。今の自分の感覚を相手に端的に伝えられると思うからだろうか。それらの言葉は話し言葉として使われる。某企業主催の年末に発表される「今年の新流行語大賞」は人々の興味を集めるイベントではあるが、選ばれた言葉は、流行り言葉の代表ではあるが永く使い続けられるわけではない。むしろ、逆に時間の経過に伴い使われなくなり、自然に淘汰されるのである。ある職業の符丁や隠語などとは違い、定着するものもあるが短命なものが多いのである。

日本語の乱れについての結論

 日本語は、高コンテクストな言語といわれ言外の意味を察知する。話し言葉と書き言葉の違いを知り、カジュアルとフォーマルの区別を付け使い分けることが大切だ。人々が好み使い続ける言葉が生まれてきたら、それは決して日本語を乱れさせる言葉ではないのではないだろうか。

【大好評】大学入試小論文講座
プロの講師が24h以内に添削返信してくれる通信(メール)完結型の大学入試小論文講座。一人ひとりの志望大学・学部に合った講座で、自分のぺースで講座を進めていけます。
小論文
スポンサーリンク
ロンメンタイ

コメント

テキストのコピーはできません。